AIが計算、関連記事や用語をまとめて表示

Vecpediaができる すごいこと 7

すごいこと01

たった1つWikipediaの記事名から、関連する50の記事名を表示

たった1つのWikipedia記事名を思い浮かべるだけでいいのです。これだけで関連した50のWikipedia記事名を、1ページに一気に表示します。関連した人名、関連した記事名が多数表示され、見ているだけでも圧倒されるリストになります。

すごいこと02

日本語Wiki、英文Wikiそれぞれ50万の記事名をピックアップ

日本語Wiki、英文Wikiからそれぞれ、出現頻度の高い50万の記事名をピックアップ。この50万記事名ごとに、多数の関連記事名ページを生成しています、驚くほどの数のページと関連記事名一覧を、誰もが手軽に呼び出すことができます。*

すごいこと03

Wikipedia本文ページから、YouTube、Twitter、Amazon等へのワンタップ検索

ページの記事名をタップすると、Wikipedia本文が表示されます。さらに本文上部には、Google、YouTube、Twitter、Music、Yahoo、Amazon等のアイコンが表示され、これらをタップすると記事名での検索が素早く行えます。様々なタイプの、広がりのある情報が得られます。

すごいこと04

記事名にある矢印アイコンから、今度はこの記事名を親とした一覧ページへ

記事名にある矢印アイコンタップで、今度はこの記事名を親とした多数の関連記事名ページが表示されます。矢印アイコンをタップするたびに、まるでエンドレスであるかのように、どこまでも記事名一覧を表示させてゆくことができます。

すごいこと05

記事名下の英文から、この記事名を親とした英文記事名一覧を表示

日本語の記事名の下にはWikiの英文記事名が表示されます。これをタップするとこの記事名を親とした英文記事名一覧が表示されます。逆に、英文記事名下の日本語記事名をタップすると、この記事名を親とした日本語Wiki記事名一覧が表示されます。日英双方を自由に行き来できます。

すごいこと06

特定ジャンルのWikiに簡単にアクセスできる、多数のナビゲーターを用意

Vecpediaの大きな特徴は、1つの記事名で、関連記事名を多数表示できること。最初に数十の基本となる記事名を集め、ナビゲーターにすると、矢印リンク等で特定ジャンルの関連記事一覧を、数千、数万表示できます。トップページに様々なジャンルのナビゲーターを用意しました。

すごいこと07

興味ある専門ジャンルの、ナビの自作や共有が、自由自在

ナビゲーターはユーザー自身が作成し、登録、使用することができます。表示されているナビゲーターをコピーし、自分でアレンジすることも可能です。興味ある専門ジャンルの基本的な記事名を集めるだけで、使えるナビが作れ、仲間と共有することが可能です。