AIによる解析で、膨大な情報の目次化が可能になる

VecTechは、人間が作った膨大なテキストデータを、AIを使って解析、関連した記事や用語を見つけて、表示するサービスです。

for Wikipedia では、100万(日)~600万(英)の膨大な記事から、出現頻度の高い50万の記事タイトルを抽出しました。気になる用語や人名等を一つ選ぶだけで、これに近い用語や人名のWikipedia記事タイトルを、約50個まとめて表示します。思い出すのはたった一言でいいのです。忘れていた、あるいはうろ覚えの用語や人名を、簡単に見つけることができます。

仕組みは、テキストデータに含まれる用語が、どんな語と一緒に使われているのかを解析し、語と語の関連度を計算します。言語ベクトルと呼ばれているAIの手法で、ベクトルは向き示すため、関連した言葉を簡単に見つけることができます。

AIが集めたこの記事や用語のまとまりを、ここではベクトル・インデックスと呼んでいます。表示された50のWikipedia見出し語をタップすると、Wikipediaの記事が次々と表示されます。検索した最初の1語に近い50の記事タイトルの表示は、事典等でおなじみのインデックスです。

50の表示は、まさにインデックス

VecTechは、私達が住む、この世界のインデックスを作ります

今度は、表示された50の見出し語の、矢印をタップしてみてください。するとこの語による検索が行われ、関連したWikipediaの見出し語が、多数表示されます。

このシンプルな仕組みにより、膨大なWikipediaの見出し語を次々と呼び出してゆくことができます。まるで水面に落とした一滴の水から、同心円状にどこまでも広がる波のように、VecTechではたったひとつの言葉から、知識や知りたいことを、どこまでも広げてゆけます。

言葉に結び付けられた知識や知りたいことを、どこまでも広げてゆけます

VecTech for Wikipediaは、これまでのネットの検索とは逆方向の仕組みです。検索はピンポイントで知識を深く、深く調べられます。しかし調べ終えれば離脱し、結果、深いけれどやせ細った知識になりがちです。

ベクトル・インデックスでは、一つの言葉を投げかけると、知っていたけど忘れていた言葉、曖昧な知識の言葉などが続々と表示されます。ベクトルが近い言葉から順番に表示されるため、記憶が蘇りやすいインデックスになります。ビジネスに、学習に、毎日のニュースを読み解くために、そして自分を高めるために、幅広く活用できます。