AIによる、関連キーワード・クラスター 生成サービスのご案内

検索の得手不得手で、デジタルデバイドが拡大する

デジタル化したテキストデータが膨大になるに従い、多くの企業、団体では新たな悩みに直面し始めているのではないでしょうか。あまりにも膨大で、人手で情報を整理することはもはや困難で、適切な文書を探すには、キーワード等で検索をかけるしか方法がなくなってきています。

しかしキーワードの検索や選択には大きな欠点があります。データ利用者が、適合するキーワードを思いつかないと、多くの時間をかけて何度も検索を試みる、思いつくキーワードだけで情報検索を済ませてしまうことが起きます。

積み重ねると、企業、団体内のこうした時間のロス、適切な情報にたどり着けないロスはもはや、無視でないレベルになってきています。そのため適切なキーワードを思いつく人だけがスピーディに仕事ができる、デジタルデバイドを急拡大させ始めています。

人手では処理不可能な膨大なデジタルデータには、新しいテクノロジーで解決するしかありません。

VecTechは、AIによる「言語のベクトル化」という新しいテクノロジーで、こうした問題の解決を図ります。

デジタル課題にはデジタルテクノロジーで対抗

言語のベクトル化というAI技術が開発されたのは、ほんの10年ほど前ですが、驚くほどの成果を上げ始めています。翻訳精度の向上、文の解釈等にも使われ発展し続けています。

文の中にある特定の言葉が、他のどんな言葉と一緒に使われているか、その頻度や特徴的な使われ方を計算し、特定の語を数値に置き換えます。1語につき数値は大体数百個作られますが、AIではこれを数百次元の隠れ層と呼んでいます、数値は数学的手法で、向きを持ったベクトルに変換されます。ベクトルなので、これでどの語とどの語が近いのか、近さを計算できるようになります。

VecTechでは、この言語ベクトルの技術を使って、最初の1語を思いつくだけで、探しているデータに近い、あるいは適合した数十~100(指定可)の関連キーワードを探し出し表示します。この表示されたワードをタップすると、情報検索が行える他、今度はこの語に関連した多数のキーワードを表示できます。たった1語から、数千、数万のキーワードの表示が可能になります。だれもが優れた情報検索者になることができ、作業効率の大幅な向上が期待されます。

サービスには以下の2つのタイプがあります。

1辞典や辞書等、情報に正確な見出し語がある場合は、見出し語のベクトル・インデックスが生成できます。その名の通り、AIが作る事典や辞書の新しいタイプの目次になります。

2テキストデータの見出しが文になっている、あるいは文書を特定できる見出しがない場合、文書中のキーワードを抽出し、出現頻度の高いキーワードを中心に、 多数の関連キーワード・クラスターを生成します。表示したキーワードを既存の検索システムにかけると、目的とする文書に素早くたどり着けるようになります。

テクノロジー進化の影響で、世界は日々変化しています。あらゆるジャンルで特定のキーワードが象徴する新しい動向、例えばSDGsAI等々が、続々と誕生しています。この周辺には関連するキーワードも無数に誕生します。

また医学、病気のニュースや論文、ITやネットワークに関する新しい動向、特許情報や判例情報、様々な論文。社内で蓄積される顧客情報のキーワード、ネットで話題になっているキーワード、ECサイトでは検索した商品の、関連した商品ジャンルへの誘導も大切になってきています。

キーワードは単なるワードではありません。その奥や周辺に膨大な情報が潜んでいます。 VecTechの関連キーワード・クラスターを、組織内での情報の理解力向上、あるいはユーザーへの高度な情報サービスにお役立てください。